ケール 青汁

飲みやすくなったケールの青汁

ケールは青汁の王道

ケール

『青汁=ケール』と考えている人も多いのではないでしょうか。
まさに青汁の王道原料と言って良いでしょう。
あの有名なCM「まずい!もう一杯!」もケールを主原料としたキューサイの青汁ですね。

 

ケールという野菜は苦味はあるのですが、 『スーパー野菜』 と言われるほど栄養価が高い
ことでも有名です。 ビタミンやミネラル、食物繊維、カルシウム、リン、たんぱく質など
実に豊富に含まれているだけでなく、そのバランスの良さも非常に評価できるものなのです。

 

ケールで生活習慣病の予防を期待!

ケールには豊富な食物繊維が含まれており、便秘解消にはもってこいの野菜です。
実際に腸内をスッキリ掃除するだけでなく、整腸作用などの効果もあると言われています。
腸が健康になると、色々な効果も実感できますよね。
ケールの青汁を飲むようになってから 『肌荒れがなくなった』 『お腹回りがスッキリした』 などの口コミも非常に多くあります。

また、それだけでなく、抗酸化作用や血糖値抑制作用なども注目されており、
生活習慣病の予防などにも効果が期待できるとされています。

このようにケールは、美容での効果を期待する人から健康を気遣う人まで多くの人に支持されています。


ケールの青汁=苦いって本当?

ケールは独特の苦みがある為、初期の青汁はあのキューサのCMでも分かるように『まずい』というイメージがついてしまいました。
事実、現在においても料理の食材としても利用されていません。

ですが現在では、スーパー野菜であるケールの栄養価をそのまま、あるいは普通に絞っただけのものよりも栄養価を残したままの非常に飲みやすい青汁が沢山出ています。

 

以前のイメージで青汁を敬遠してきた方(私もその一人ですが・・)も、現在のケールの青汁を飲むと

その味に驚くのではないでしょうか。
まるで抹茶ミルクのようなモノまでありますので、飲まず嫌いは勿体ないかもしれません。


ケールの青汁で選ぶなら

自然食研の健願青汁

ケールの青汁の中で選ぶなら 『自然食研の健願青汁』 がお薦めです。

ケールが持つ独特の苦みの為に、各社それぞれ甘味料やはちみつをプラスするなどして
飲みやすくしてきました。

 

ですがこの健願青汁は 『そのまま食べても美味しい』 高品質なケールを作ることを目指し、
国産ケール100%のでしかも飲みやすい青汁を実現してしまいました。

土地作りから始まり、美味しいケールの育て方を追求しただけでなく
ケールをそのまま絞って作った青汁に比べ、
食物繊維が36倍 
という加工法まで開発しました。

このこだわりが栄養価や味に反映され、爆発的な人気につながったのかもしれませんね。

 

 

自然食研の健願青汁の詳細・購入